エリア内文字ツール【アーティストグッズ製作・昇華転写・アンドロメディアミックス】

エリア内文字ツールとは

●エリア内文字ツールとは、イラストレータにおいてオブジェクト(図)のエリア内に沿って文字を入力する機能です。下記のようなデザインはエリア内文字ツールを使用してデザインしました。
areacharacter5

 

エリア内文字ツールの作成方法(その1)

1.下のオブジェクト(図)にエリア内文字ツールを使用して文字を入力します。

areacharacter1
2.【ツールボックス】の中の”T”【テキスト】を左クリックで長押しすると、”T”の横にさらに文字ツールが出てきます。
その中に【エリア内文字ツール】と【エリア内文字(縦)ツール】が出てきますので横書きか縦書きか、デザインイメージで選択してください。ここでは横書きを使用します。

areacharacter6

3.後は文字を入力してくだけです。

areacharacter4

4.完成です。文字はオブジェクトの形に沿って入力されました。

areacharacter7

エリア内文字ツールの作成方法(その2)

1.下のオブジェクト(図)のエリア内にエリア内文字ツールを使用して文字を入力します。

areacharacter1
2.”T” 【テキスト】を選択して、マウスを図のパス上にちょうどに合わせて左クリックしてください。

areacharacter2
3.すると、パスの色が変わり(色が無くなります。)文字入力出来る状態になります。

areacharacter3
4.あとは、文字を入力してください。縦書きの時は、”T”テキストで縦書きを選んでから、この作業を行ってください。

areacharacter4
5.完成です。文字はオブジェクトの形に沿って入力されました。
areacharacter7

エリア内文字ツールが原因でのフォントのアウトラインの確認エラー

イラストレータを使用していてテキストを配置していると意図せず上記説明(エリア内文字ツールの作成方法その2)の様に、誤ってオブジェクト(図)を選択していまう時があります。

このときに、オブジェクトはパスのみ表示され見えなくなるので、オブジェクトを消してしまったと勘違いして、消えてしまったオブジェクトを再配置して作業を進める事があるでしょう。

実は消えたのでは無くパスとして残っています。

また、その時、文字を1文字も入力しなくても文字情報が残ったままになっています。

データ入稿前に、フォントのアウトラインがとれているか確認する時に、アウトラインされていないフォントが出てくる原因にもなります。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ